サーバーの監視を自動化する「aws glue」!導入するメリットと注意点を解説

サーバーを自社で構築していると、安定した稼働のために監視が必要です。しかし、監視に時間や工数を割くと、肝心なシステムやアプリケーションの開発が進まない場合があるでしょう。この記事では、サーバーの管理コストを削減できる「aws 」と、監視を自動化できる「aws glue」について、それぞれの概要やメリット、効率的に導入するためのポイントを解説しています。

「aws」と「aws glue」の概要

「aws(amazon web services)」は、amazonが提供する開発向けのクラウドサービスです。サービスは2006年から開始しており、メリットの多さから、導入する企業が増えています。「aws」を導入すれば、システムの開発やデータの保存のために、自社でサーバーを構築する必要がなくなります。

そのため、初期投資が抑えられ、メンテナンスやストレージの拡張などに必要な工数が少なくなるのです。また、安全性の高さも「aws」が普及している理由の1つです。「aws」は世界の主要な安全性基準をクリアしています。

さらに、サーバーは信頼性が高い国に分散して設置されているため、高い安全性が保たれているのです。サービスは追加やアップデートが繰り返され、「aws」にはデータの保存や管理、安全性を向上させるためのセキュリティ、メールの送受信機能など100以上のサービスがあります。

「aws glue」は、100以上ある「aws」のサービスのうちの1つです。サーバーを安定して稼働させるための監視、データの抽出や整理を自動化できる点が注目されています。

「aws glue」のメリット

「aws glue」には、以下の3つのメリットがあります。

#エンジニアが開発業務に集中できるサーバーの稼働率やストレージを監視する時間が削減できるので、エンジニアはシステムやアプリケーションの開発に集中できます。自社でサーバーを構築する場合に、安定したパフォーマンスを発揮できる範囲の稼働率をキープするためにサーバーを監視します。

また、データの管理や保存に十分なストレージを確保し、足りない場合はストレージを増設する必要がありました。エンジニアは開発と監視の2つの業務を兼任するか、監視のためにサーバーエンジニアやデータエンジニアなどの専門エンジニアを増員する必要がありました。

一方、「aws glue」はこれらのサーバー管理を任せられるため、監視に割いていた費用と時間を、開発業務に充てられます。#ETLジョブを自動化ETLは「Extract(抽出)」、「Transform(変換)」、「Load(格納)」の略語です。

ジョブは、コンピューターが処理する仕事の単位を指します。「ETLジョブ」はサーバー内のデータを集め、データの属性ごとにまとめて管理や参照をしやすくするための工程です。サーバーに有益なデータがあっても、そのデータを整理せず、役立てていない企業は少なくないでしょう。

「aws glue」はこれらの工程を、自動で実行します。ETLに費やしていた時間を削減でき、埋もれていたデータをビジネスに活用できます。#重複したデータを整理「aws glue」は、サーバー内の重複したデータを整理することが可能です。

そのため、不要なベータによるストレージの浪費を抑えられ、コストの削減になります。

「aws」は、サーバーのストレージによっても、利用料金が変わります。膨大なデータを記録していれば、重複したデータもあり、その管理や整理には多くの工数が必要になるでしょう。時間や工数を割くことなくデータを整理できるので、ストレージを無駄なく有効に利用できて、コスト削減につながります。

「aws glue」を使った監視方法

「aws glue」は、さまざまなサービスと連動させ、対応を設定してサーバーを監視します。「Amazon CloudWatch Events」は、データの変更があった際に通知をしてくれるアプリケーションです。

データの変更やトラブルなどのイベントが発生した場合に、「aws glue」はそのイベントに対して実行するジョグを設定できます。パターン化されたイベントに割く工数が減り、エンジニアの負担軽減につながります。

また、「Amazon CloudWatch Logs」を利用すると、ログイン情報の監視が可能です。イベントが発生した時間や、原因となった対象を特定できます。場合によってはイベントを回避するために、アクセス制限を検討する材料になるでしょう。

このように「aws glue」は、複数のアプリケーションと連動させて監視を自動化します。イベントが発生すれば通知があるので、常に監視する必要はありません。しかし、次の項で説明しているように、完全に監視が不要になるわけではないので注意しましょう。

awsの監視はcloudwatchを使えれば十分なのか

「aws glue」を利用していても監視は必要

サーバーの監視を自動化できる「aws glue」ですが、監視が完全に不要にならない理由は、設定した「aws glue」のジョブが、管理するデータの増加や開発環境の変化によって適切ではなくなる場合があるからです。

「aws」は、扱うデータの量、利用しているサービス、サービスを利用して実行したジョブの量によって料金が決まります。そのため、管理するデータの量と「aws」で設定しているストレージは合っているのか、システムやアプリケーションの開発環境に利用しているサービスは適切なのかを監視する必要があります。

また、「aws」のサービスは追加やアップデートがあるため、情報収集と仕様の把握も必要になるでしょう。開発環境として、より適したサービスの提供がスタートしているかもしれません。または、アップデートにより、利用していなかった既存のサービスが開発環境として最適になっていることもあるでしょう。

このような理由から、「aws glue」を導入していても監視は必要です。

「aws glue」のデメリット

メリットが多い「aws glue」ですが、2つのデメリットがあります。

#対応するアプリケーションが少ない「aws」以外では、サービスやアプリケーションが少ないことがデメリットの1つです。「aws glue」は、監視やETLジョブを自動化できるアプリケーションとしては、提供されて日が浅いサービスです。

そのため、連動できるアプリケーションが少ないですが、アップデートによって対応するアプリケーションは増えることが期待できます。#ジョブの頻度や処理するデータ量によってはコストが高くなるコスト削減が「aws glue」のメリットの1つですが、データの処理の回数や量が増えると、利用料金が高くなりコストを圧迫する可能性があります。

効率的に「aws glue」を運用するために、人の目でも監視しましょう。

awsサービスのdynamodbの監視とは

「aws glue」と人の目による二重の監視

「aws glue」は、サーバーの監視とさまざまなジョグを自動化できる便利なサービスです。エンジニアの負担やコストを軽減できるメリットもあります。しかし、より効率的に「aws glue」を運用するためには、人の目による監視も欠かすことができません。

「aws glue」と人の目による二重の監視で、システムやアプリケーションの開発、データの管理を効率的に進めてみてはいかがでしょうか。

cloudwatchでログ監視をすべき理由は?効率的な方法も紹介!