cloudwatchでログ監視をすべき理由は?効率的な方法も紹介!

AWSの利用を始めるときや、サービスを公開して運用を本格的に進めようとするときにはログ監視をするのが大切です。ログ監視についてあまり意識していなかったから、何とかしてすぐに対応したいと思っている方もいるでしょう。

AWSではcloudwatchを利用すればログ監視ができます。この記事ではcloudwatchでログ監視をする必要性と効率的な方法を紹介します。

awsの監視はcloudwatchを使えれば十分なのか

そもそもサーバーにおけるログとは?

そもそもAWSを利用するときにログ監視がなぜ必要なのでしょうか。早急にログ監視を始めなければならないと思った方のために、まずはログとは何かということから紹介します。ログとは記録のことで、わかりやすく言うとアクセス記録や利用記録を意味します。

ログにもいろいろな種類があるのでAWSのサーバー監視をするときにもどのログ監視をするのかを考えて決めることが必要です。安全性を重視するならあらゆるログを監視するに越したことはありません。しかし、監視項目が増えれば増えるほどサーバーの運用コストが上がることは否めません。

サーバーの利用をするときによく監視されている項目として、ウェブログやFTPログ、アプリケーションログがあります。それぞれウェブサイトへのアクセス履歴、FTPサーバーへのアクセスや作業・指示の内容、アプリーケーションの利用やインストール・ダウンロードの状況の履歴です。

一般的にはログ監視をするときに見るのは利用やアクセスをした年月日だけではありません。時刻まで秒単位でチェックして記録を残し、過去の状況も踏まえて問題がないかを見るのが基本です。他にもログインログや端末ログ、ファイルログなども監視項目として盛り込まれることがよくあります。

特に端末ログやログインログはセキュリティ面から重要性が高いため、AWSの運用時には常時監視をするのが一般的になっています。

ログ監視をする目的

ログ監視をする目的は不正アクセスや情報漏えいを防止することです。他にもログ監視によって得られる情報はたくさんありますが、最も大きなリスクになるのは想定していなかったユーザーによるアクセスで情報漏えいが起きて大きなトラブルを招くことです。

また、不正アクセスによって本来は有料のサービスを無料で不正利用するといった問題も発生することがあります。AWSの活用方法として社内システムとして使用する方法と、外部サービスのプラットフォームとして利用する方法が主流です。

社内システムとして利用するときに社員のパソコンやスマートフォンなどを管理して端末ログを監視すると、外部からの不正アクセスをチェックできます。ログインログを監視すればサーバーへのアクセスが適正な形でおこなわれているかどうかを見極めることが可能です。

社員が不正アクセスしている可能性もログインログを監視することで排除できます。例えば、重要な資料が保管されているデータベースサーバーに個人のパソコンで不正ログインをしようとするケースがあります。ログ監視をすれば履歴が明らかになり、社員に厳しい対応をして風紀を保つことが可能です。

ECサイトを代表とする外部サービスのプラットフォームとしてAWSを利用するときには、ユーザー管理にログ監視が重要な役割を果たします。ユーザーIDやパスワードが盗み取られてしまう被害はフィッシング詐欺の影響によって多くなってきました。

ユーザーからの信頼を得るには不正利用を防止する措置を整えるのが大切です。ログ監視をして通常とは異なる端末からのログインがあったときにアラートを出すなどの対応をするだけでも不正利用のリスクが減ります。信頼性の高いサービスを提供するにはログ監視を徹底しておこなうのが必須と言えるでしょう。

cloudwatchでログ監視をするメリット

AWSでサーバーを運用するときにはcloudwatchでログ監視をすれば良いという人がたくさんいます。cloudwatchを利用する最大のメリットはAWSに特化していて、無料で利用できるサービスという点です。

AWSの利用者が増えたことも影響して、簡単にcloudwatchでログ監視をする方法も調べられるようになりました。対話形式で必要なログ監視の設定をできるようになり、ベテランのエンジニアでなくとも設定しやすいシステムになってきています。

オフィシャルの監視ツールなのでcloudwatchは信頼性も高いのがメリットです。

cloudwatchでログ監視をするデメリット

cloudwatchでログ監視をする方法は手間がかなりかかることです。cloudwatchでAWSのサーバーのログ監視をするにはIAMロールを作成してインスタンスがcloudwatchにアクセスする許可を与えてリンクし、AWS System Managerから細かな設定をする必要があります。

自由度が高く、サーバー運用の方針に合わせたベストなログ監視の仕組みを作り上げられるのは確かです。しかし、すぐにログ監視のシステムを整えて運用を開始できるというほど簡単なツールではありません。cloudwatchの活用経験が豊富なエンジニアがいれば一日や二日でログ監視の体制を整えられる可能性はありますが、現実的には月単位の対応が必要になる場合が多いのがデメリットです。

効率的なログ監視をする方法は?

cloudwatchにこだわらずにAWSのサーバーのログ監視をしようと考えると、効率的な方法が2通りあります。SaaSとして提供されているサーバー監視ツールを導入する方法と、AWSに強いサーバー監視代行会社に依頼するアプローチです。

cloudwatchを利用するのとは違って無料でできるわけではありませんが、すぐにログ監視を始めたい、長期的に見て安心できるログ監視のシステムをできるだけ短期間で導入したいというときにはうってつけの方法です。

SaaSのサーバー監視ツールは基本的に即導入ができます。必要な仕様などについての打ち合わせが必要になることもありますが、数日のうちに運用を始められるくらいのスピード感があるのが魅力です。サーバー監視代行会社に依頼すると契約までに時間がかかる場合があります。

しかし、たとえ社内にエンジニアがいなかったとしても効率的なログ監視を長期的におこなっていくことが可能です。費用対効果の高いログ監視についても提案してもらえるので長期的な効率を重視するなら魅力が大きい方法でしょう。

awsサービスのdynamodbの監視とは

ログ監視はcloudwatchにこだわらずにベストを選ぼう

AWSのサーバーを運用するときには情報漏えいリスクを考慮して徹底したログ監視をするのが重要です。AWS公式のcloudwatchを使用すればAWSのログ監視ができますが、効率的にできるかはサーバー監視をするエンジニアのスキルに大きく依存します。

費用対効果の高いログ監視をおこなえるようにするために、サーバー監視ツールの利用やサーバー監視代行会社の利用も検討するのがおすすめです。

サーバーの監視を自動化する「aws glue」!導入するメリットと注意点を解説